はぴごんっ。

ごんが見つけた日常の“ いいな ”をお届けする雑記ブログ

iPhoneユーザーにオススメしたい!ワイヤレスイヤフォン【BeatsX】

 

 

 

みなさん、こんにちは! 

ごんちゃんです!

 

 

この間、友人とお出かけをしたのですが、待ち合わせに30分以上早く集合してしまったことがありました。

 

 

みなさんはうまく時間を過ごさなければならなくなった時や、誰かと待ち合わせまでの時間、どうやって過ごすことが多いですか?

 

 

私は音楽を聴いたり、動画を見ながら待つことが多いです。

スマホYoutubeを徘徊して気になる動画を見たり、アニメを見たりしていると苦痛を感じることなく時間を経過させることができます!

(休日に家でこれをやると、予想以上に時間が過ぎていて焦ることが多々あります。笑)

 

 

ふと周りを見渡したり、ニュースをみていて思ったのですが、

最近ワイヤレスイヤフォンを使用するスマホユーザーさんが増えていることにお気付きでしょうか?

 

 

今日は、スマートフォンアクセサリーのひとつである“ワイヤレスイヤフォン”についてご紹介したいと思います!

 

 

 

最近のスマートフォンには、イヤフォンジャックがない!?

 

 

最近のスマートフォンには、イヤフォンジャックがない機種が増えてきているのをご存知でしょうか?

 

 

私が使用しているiPhoneも、iPhone 7からイヤフォンジャックがなくなりました。

 7以降のモデルであるiPhone 8、iPhone 8Plus、iPhone Xにもジャックはありません。

 

 

実はiPhone以外のアンドロイドもイヤフォンジャックがついていない機種があります。

代表ですと、2018年夏に発売された“Xperia XZ2シリーズ”です。

 

 

ジャックがなくなったので、今まで主流だったイヤフォン(3.5mmミニプラグ)は使用できなくなり、代わりにiPhoneは充電器の挿し込み口であるLightningケーブル型のイヤフォンか変換器を使用しなければならなくなりました。

Xperiaシリーズも同様に“Type-C”という充電口と同じイヤフォンか変換器を使用しなければならなくなりました)

 

 

代わりにiPhoneには7から“耐水性能”がつき、濡れた手で操作をしても壊れにくいという新しいメリットが追加されました!

 

 

これはこれで安心したのですが、iPhone愛用者として、音楽や動画を日常的にiPhoneで楽しんでいる私としては、ジャックと充電口が一緒になっているのは唯一と言ってもいいくらいの不便な点でした。

 

 

「耐水性能がついたのなら、イヤフォンジャックがなくてもいいじゃない!」

 

 

というお気持ちもわかります……!

ご丁寧なことに、iPhone 7以降のモデルには通常のイヤフォンを使用できるように変換端子も初期同梱品として、箱の中についています。

一見、不便さは感じないかもしれません……。

 

 

しかし!!

イヤフォンジャック=充電端子になっていると単純に、『充電しながら音楽を聴くことができない』のです!

 

 

充電器であるLightningケーブルの差込口にイヤフォンをさすので、そうなるのです。

利用するシーンとしては、遠方に出かけた時・旅行中・充電を忘れた日に音楽を聴きながら電池残量をフォローすることができないのです……。

 

 

その不便さを解消してくれたのが、『ワイヤレスイヤフォン』です!

 

 

ワイヤレスイヤフォンとは??

 

 

 そもそも、ワイヤレスイヤフォン自体に馴染みがない方もいると思います。

 

 

ワイヤレスイヤフォンは、その言葉通り“ワイヤレス=無線”であり、コードによる接続がいならないイヤフォンのことを指します。

 

 

つまり、充電口に対応したイヤフォンや変換器を使用することもなく、スマホとイヤフォンがコードで一切つながっていない状態で音楽を楽しめるのです。

 

 

ワイヤレスイヤフォンを使用すると『充電しながら音楽を聴く』が従来通りできるようになります。

これで旅行や出張などでスマホをいつもより多く利用したとしても安心です。

 

 

 

オススメしたい!音も綺麗でiPhoneと互換性バッチリな【Beats X】!

 

 

私はiPhone SEからiPhone 8へ機種変更をして、現在8を利用しています。

 

 

実際にイヤフォンジャックがなくなり、戸惑う点があるのは予想できていたのである程度の準備をしていました。

 

 

準備とはズバリ!

『どのワイヤレスイヤフォンを買うか』という点です。

 

 

結果からお伝えすると、私は『Beats』というイヤフォンを購入しました。

 

 

Beats(ビーツ)はBeats Electronicsというイヤフォンやヘッドフォンのブランドです。

アップル社が買収したこともあり、iPhoneとの互換性が良いのが購入の決め手でした。

 

 

Beatsといってもイヤフォンやヘッドフォンなど多くの種類があるのですが、その中でも私は『BeatsX』を選択しました。

 

 

f:id:First_Apple:20180908105156j:plain

f:id:First_Apple:20180908105116j:plain

 

  

色の種類がとても豊富ですが、今回はブラックとシルバーをご紹介。

 

 

専用の箱に堂々と梱包されています。

これを見た私の第一声は

 

 

「高級品や……!」

 

 

でした(笑)

 

f:id:First_Apple:20180908105314j:plain

 

実際に取り出してみると、特殊な形をしています。

首にかける部分はやわらかく、不快感のない素材になっています。が決して形が崩れるような固さではありません。絶妙。

 

 

この素材は形状を記憶する独自のもののようで、ニッケルチタンワイヤーというようです。歯科矯正器具などにも使用されているとのこと。

 

 

f:id:First_Apple:20180908105355j:plain

 

 

右側にボタンがひとつだけついています。電源ボタンですね。

長押しするとスイッチオン。ペアリングが始まります。

 

 

左側には充電につかう差込口がひとつ。

 

f:id:First_Apple:20180908105823j:plain

f:id:First_Apple:20180907125257j:plain

 

 

iPhoneと同じLightningケーブルで充電が可能です。

(写真は実際に充電はしていません。充電中は電源ランプが赤に変わります)

 

 

f:id:First_Apple:20180908105917j:plain

 

 

そしてリモコンがついています。

このリモコンも優れもの。マイクが裏側についていて、そのまま通話もできるのです。

音量の上げ下げも簡単にできますし、音楽の再生・停止もスイッチひとつでOK!

 

 

こうなってくると、スマホがポケットの中にあっても取り出すことなく音楽の選択ができますね!

満員電車の時や人混みでは楽だと思います!周りの人にコードが引っかからないですし、そのまま断線してしまうなんてことも心配ありません。

 

 

楽しみにしていた音質も個人的には好みでした。

クリアな高音が楽しめますし、低音も心地よく響き渡ります。

音楽などに慣れ親しんでいる人は、より違いを実感いただけるかもしれません。

 

 

しかしながら同社のヘッドホン(solo2、solo3、studioなど)と比べると、低音も高音も劣ると感じます。(やはりイヤフォンですからね……)

 

 

個人的には、あくまでクリアサウンドで、万人受けする音を与えてくれる印象がしました。

 

 

そしてなによりも、びっくりしたのが充電の速度・ペアリングの早さです!

 

 

ワイヤレスイヤフォンのデメリットって、イヤフォン自体を充電しなければならないこと。

忙しいと忘れてしまったりしますよね。

 

 

ですが、このBeats Xは『5分の充電で2時間音楽の再生が可能』とのこと!

15〜20分の充電で100%の充電が完了します。フル充電すると最大8時間再生ができるそうです。

速い。速いぞBeatsXちゃん……!

 

 

ペアリングに関しても文句なしでした。

 

 

f:id:First_Apple:20180908110007j:plain

 

 

まずiPhoneBluetoothをオンにします。

iPhoneのコントロールセンターから設定すると簡単にオンにできます。

WiFiのマークの横に出ている、横向きのリボンのマークがBluetoothマークです。

 

 

f:id:First_Apple:20180908110043j:plain

 

 

iPhone本体の電池残量の横に、Bluetoothマークが出たら準備完了です。

 

 

続いてBeatsXの電源ボタンを長押しし、ライトが白く光ったら……

 

 

f:id:First_Apple:20180908110134j:plain

 

 

あとは待っているだけ!

近くにあるiPhoneを検知してくれます。

最後に表示されている“接続”を押してペアリング完了!

この間、10秒かからないくらいの速度でした。早すぎる……!

 

 

f:id:First_Apple:20180908110220j:plain

 

 

完了するとペアリングマークがヘッドフォンマークに切り替わります。

このマークが出れば、iPhoneで流した音楽やゲームの効果音、動画の音声は全てBeatsから再生されるようになります。

 

 

f:id:First_Apple:20180908110249j:plain

 

 

また安心できる機能として、紛失・落下防止のマグネットがついています。

実はこのマグネットのおかげでイヤフォン同士が絡まってしまうこともないのです。

 

 

f:id:First_Apple:20180908110320j:plain

 

 

首からかけるとこんな感じ。

ずれ落ちたり、紛失する心配もなく、スタイリッシュでかっこいいなぁと感動しました。

 

 

f:id:First_Apple:20180908110402j:plain

 

 

その他の同梱品としては、サイズが合わせられるイヤーカップが3種類。

(画像はシルバーの中身。イヤーカップの色とカナルの色以外は全て同じものが付属されています)

 

 

f:id:First_Apple:20180908110424j:plain

f:id:First_Apple:20180908110441j:plain 

 

専用ケースとUSBタイプの充電器、取扱説明書、ロゴのシールが入っていました。

箱から開けたその瞬間から使用できたのも感動しました!

 

 

ちなみにiPadmini4でも、前のiPhone SEでも友人が使用しているiPhone7でも使用できました!

 

 

【Beats X】 まとめ

 

・高音も低音も万人受けするクリアなサウンド

・リモコンマイク付きで通話も可能!

・デザインがシンプル且つスタイリッシュ

・充電速度がとても速い!5分の充電で2時間再生可能

・ペアリング設定も早い!Apple社の製品と互換性バツグン

・充電器がiPhoneと同じLightningケーブル

・落下防止マグネット付き。イヤフォン同士の絡まらない!

 

 

いかがでしたか?

私は久々にとてもいいイヤフォンに出会えたので満足しています。

初めてのワイヤレスイヤフォンでしたが、コードで繋がらないフリースタイルってこんなに楽なんだと、使ってみて改めて実感しました。

 

 

 

 

 iPhoneユーザーのみなさま!

ぜひぜひお試しくださいませ!

 

 

それでは今日はこのへんで。

ごんでした!