はぴごんっ。

ごんが見つけた日常の“ いいな ”をお届けする雑記ブログ

私が好きなもの。【ポケモン】

 

 

 

みなさんこんにちは!

ごんちゃんです。

 

 

突然ですが、みなさんが1番好きなポケモンってなんですか?

 

 

実はごんちゃんは、“ポケモン”にたくさんの思い入れがあります。

成人した今でも本気で取り組むゲームの1つなんです。

 

 

というのも現在25歳なのですが、幼稚園児の時にポケモンが始まり、まさにポケモンど真ん中世代として一緒に成長してきたのが理由です。

 

 

浅く、広く、趣味として知識を取り入れてきたことは多々ありますが、どれだけ時間を置いてそのジャンルから離れたとしても、再び手をつけると『やっぱり大好きだなぁ……』と思えるひとつが、私にとってポケモンでした。

 

 

今日はそのポケモンの思い出についてお話したいと思います。

 

 

幼馴染に仲間はずれにされ、手に入れた“ポケモン・金”

 

 

f:id:First_Apple:20180913125441j:plain

 

アニメ・ポケットモンスターがスタートしたのは私が幼稚園児の頃のこと。

 

 

記憶を遡り、覚えている限りで最初のポケモンについての思い出……それは“園長先生のためにポケモンの歌をうたったこと”でした。

 

 

一生懸命アニメを毎週みて、オープニングの曲を聴きながら歌えるようになり、園長先生に会いに行ったのが初めての思い出です。

同時に蘇るのは、私は園長先生が大好きだったということでした。

先生元気かなぁ……(笑)

 

 

10歳でマサラタウンから旅に出たサトシくん。

そんなサトシくんよりも5歳年下だった当時の私は、彼のことをテレビでみて、子供ながらに尊敬し、遠くへ行けることへの憧れを感じておりました。

 

 

時は経ち、小学生になった頃。

私たちのクラスで“ゲームボーイカラー”がものすごく流行り始めます。

もはや今では“ゲームボーイカラー”という単語だけで時代を感じてしまいますね(笑)

 

 

我が家はとても貧しいわけでもなく、決して裕福でもなかったので、小学生にゲームボーイなどという高価なおもちゃは買ってもらえませんでした。

自分も特におねだりした覚えはありません。外で木登りしたり、鬼ごっこや缶蹴りするのが好きだったので(笑)

 

 

田舎に住んでいたので、周りを含め“ゲームで遊ぶ”という風習がそれまであまりなかったのかもしれません。

 

 

とある日曜日。

いつものように近所に住む幼馴染たちと遊ぼうと思い、よく集まる広場に集合した時のことです。

大事件が起きます。

 

 

そう!

なんと、幼馴染2人がどちらもゲームボーイカラーで遊んでいたのです!

 

 

遊んでいたソフトはもちろん“ポケットモンスター”。

略してポケモンです。

 

 

私は戦慄しました。

いつも鬼ごっこや、かくれんぼをして遊んでくれていた幼馴染2人が、同時に私を置いてきぼりにした……!と。笑

 

 

なんとかゲームではなく、外で体を動かして遊ぼうと働きかけたのですが、全く相手にされず。終いには

 

 

「ごんちゃんはポケモン持ってないからもう遊ばない」

 

 

とまで言われてしまいます……。

これがものすごくショックで大泣きしながら帰宅し、お父さんに泣きついたのを覚えています。

 

 

f:id:First_Apple:20180913125446j:plain

 

 

父親に抱っこされて慰めてもらったことを、これ以上鮮明に覚えている出来事がありません。

 

 

そうして次のクリスマス。

 

 

我が家は2年に1回しかサンタさんが来ないという風習があったのですが(笑)

 

 

無事にやってきたサンタさんに、“ゲームボーイカラー”のスケルトン(中の基盤や構造が透明になっていてみえるモデル)とホウオウが描かれた“ポケットモンスター 金”をいただくことができました。

 

 

最初は“レポート”の書き方がわからず、来る日も来る日も御三家を選び直して旅をスタートしていたのはいい思い出です。

思い返すと笑いが止まりません(笑)

 

 

なんとかポケモンゲームボーイを手に入れた私は、幼馴染にもう一度仲間に入れてもらえたのですが、

 

 

「レポートのやり方知らないなんて、それじゃあ旅終わらないじゃん」

 

 

と言われて、再び置いてきぼりにされます。(二度目の戦慄)

 

 

今思うと、私が女であり、相手二人が男の子だったのも関係している気はします。

男には男にしかわからないポケモンバトルがあるのです……!きっと。うん(涙)

 

 

それ以降も幼馴染とは仲良くはしていましたがポケモンに関しては仕方がないので、幼馴染とは別の女の子の友達とポケモンを遊ぶようになりました。

 

 

主にポケモンを交換したり、レベル99のポケモン限定でバトルをしたり、変わった遊び方をしていました。

 

 

飽きてはリセットして。また飽きてはリセットして。

全然違うパーティをつくり、気分で御三家を選び直して……。

 

 

それでも最初に選んだパートナーである“ワニノコ”は通信して友達に預け、何度も何度も時代を越えて一緒に旅をしてきました。

もちろん最終段階まで進化した“オーダイル”として。

 

 

総プレイ時間はきっと数百時間になるのではないかと思います。

同じ旅路でスイクンのシナリオが追加された“クリスタル”も遊び倒しました。

 

 

そんな子供時代。

気付けば近くにいつも“ポケモン”があった私でしたが、やはり年齢を重ねるごとにポケモンから心は離れていきました……。

 

 

きっかけは失恋とひまつぶし。

 

f:id:First_Apple:20180913125450j:plain

 

 

小学校を卒業し、中学も卒業し、高校生も終わる頃。

 

 

私は人生の中で最大とも言えるくらいの失恋をしました。

事情は伏せますが当時付き合っていた人から、とんでもないフラれ方をしたのです……。

 

 

『これは立ち直るまでに時間が必要だ。しかし、このまま何も考えずに過ごすにはあまりに辛いので、短期間でも何かに集中しよう!』

 

 

と。

その時、真っ先に思いついたのです。

 

 

『あ、久しぶりにポケモンやろう』

 

 

急いで近くの中古ゲーム屋に向かい、中古のゲームソフトでポケモンを探しました。

 

 

この頃のプラットホームはDSがメジャー。

 

 

どうせなら新しいものをプレイしてみようと思い、“ポケモン 金”、そして“クリスタル”に引き続き、世代を飛び越えて“ダイヤモンド”に手を出します。

 

 

年単位で時間が経過していたのもありますが、久しぶりにプレイするポケモンは驚きの連続でした。

 

 

天気が変わったり、わざマシンが増えていたり、ポケモンの種類も、なにより画面の綺麗さやキャラの動きの細かさなど。

 

 

ポケモンで失恋を完全に忘れることができたといえば嘘になりますが、没頭しながらプレイしたのを覚えています。

当時の相棒はエンペルトムクホークでした。懐かしい……。

 

 

とても不思議なもので、子供の頃に夢中で遊んだ物事は大人になっても心から楽しむことができるものですね。

 

 

ポケモン以外に私はFFやゼルダなども大好きなのですが、それらすべてが“子供の頃と同じように、大人になった今でも心から楽しめる”に当てはまりました。

 

 

ここから完全にゲーム好きとして目覚めたと思います。

 

 

本気で遊んだ “ポケモン X”

ポケットモンスター X - 3DS

 

高校を卒業し、ついに社会人として仕事を始めた私は、自分で稼いだお金で好きなことを楽しむ喜びを改めて知ります。

 

 

学生時代も部活とバイトを勉強そっちのけで両立させていたので(笑)一応自由に使えるお金があったのですが、社会人になると金額が違います。

 

 

家にお金を入れながらも、好きなものが買える。

うまくやりくりをする中で、私はついに一番好きな作品・“ポケモン X”と出会います。

 

 

プラットホームはついに3DSへと進化し、キャラクターもバトルシーンもポリゴン化されたのは感動しましたね。

 

 

街のデザインが美しかったこと、主人公が洋服を着替えられるようになっていたのも嬉しかったです。

かわいい洋服・カジュアルなデザインの洋服・かっこいい洋服を探して街を探索する楽しみが増えました。

 

 

そしてなにより心を惹かれたのは、“ポケパルレ”がついたことです!!

 

 

ポケパルレとはポケモンと遊んだり、撫でたりすることができる機能のこと。

 

 

ポケモンごとになでなでされて嬉しい箇所、なでなでされたら嫌な箇所が決まっており、細かい設計になっていることも感動ポイントでした。

 

 

もうとにかくモーションが愛らしいのです!

 

 

どんなに見た目がかっこよくない・かわいくない(失礼w)なポケモンでも、愛らしく思えるのです!

素晴らしい機能です!これは声を大にして言いたい!(笑)

 

 

ミニゲームなどで遊んで絆を深めるとなつき度が上がり、バトルなどでも活躍してくれます。

例えば即死してしまう程の攻撃を受けたとしても、気合で耐えてくれたり、状態異常を回復してくれたり、経験値を多くもらうことができます。

 

 

この“ポケパルレ”のおかげで、私は苦手だったポケモンを1番好きになることができました!

 

 

その1番好きになったポケモンが、総選挙1位の“ゲッコウガ”です!

 

 

ポケモン Xをスタートする際に私は“フォッコ”を御三家として選びました。

 

 

普段は水タイプをパートナーに選ぶのですが、ケロマツを選ぶ気にはなれませんでした。

どうしても、どうしても“カエルであること”がいやだったのです!(リアルに苦手なので……)

 

 

そうして可愛いフォッコと旅を続けてきたのですが、ある日に行った“ミラクル交換”でたまたまケロマツが仲間になりました。

 

 

その頃のフォッコテールナーに進化しており、なかなかに強かったのですが“なみのり”を覚えられるポケモンがなかなかパーティにおらず。

 

 

もう一体の御三家であるケロマツを仕方な〜く、育てることにしたんです。

 

 

なつき度をあげるために、せっせとカエルであるケロマツと絆を深めていくごんちゃん……。

レベルをあげるために仕方なくケロマツを参加させるごんちゃん……。

 

 

その甲斐あって、ケロマツゲコガシラへ進化します。

 

 

バトルの時はキリッとしたお顔のくせに、ポケパルレで遊ぶ時は糸目のゲコガシラさん。

 

 

強さも増していき、頼りになってきたのと、このキリッとしたお顔と糸目のギャップに心が動かされます(笑)

 

 

『あれ?おかしいな、ゲコガシラさんはカエルなのに、なんでちょっとときめいているのだろう……』

 

 

なんて感じつつ、気付いた時にはパーティの先頭にゲコガシラ

もはやレベル上げのためではなく、完全に好んで彼を前に出していました。

 

 

なつき度もMAXになる頃はゲッコウガに進化しており、ここで初めて自覚します。

 

 

「あ、ゲッコウガが一番好きだわ」

 

 

思わず声に出たのも覚えてます(笑)

これはケロマツゲコガシラゲッコウガの中で一番見た目が好きという意味ではありません。

 

 

ポケモンの中で、ケロマツからゲッコウガに進化したこのゲッコウガを好きになれたということでした。

 

 

すばやさ、こうげき・とくこうも、私のパーティの中ではダントツでゲッコウガがバトルで1番強かったです。

(後にわかったのですが、このゲッコウガは元主人である外人さんが厳選余りとして出してきた4Vのケロマツくんでした。

そりゃ厳選なんてしたことないエンジョイ勢の私からしたら強い子なわけだ……)

 

 

ですが強いから好きだったのではなく、やはりキリッとしたお顔と糸目のギャップに恋に似たものを感じていたんですね(笑)

 

 

ポケパルレという新機能は、ポケモンの表面的な部分ではなく、“どんな性格のポケモンなのか”という内面すら感じさせる素敵な機能であると今でも強く思います。

 

 

ポケパルレがなければゲッコウガを好きになることも、まずなかったでしょう。

食わず嫌いが上手に調理された料理を食べて、大好物になった気分です。

 

 

また、このポケパルレは後のORASオメガルビーアルファサファイア)に引き継がれていきます。

 

 

最新作であるサンムーンにも“ポケリフレ”という機能として備わっており、ポケモンと遊ぶことができるのは変わりません。(ウルトラサンムーンにもついてます)

 

 

恐らく2018年11月に発売される“ポケットモンスター Let's GOピカチュウイーブイ”にも類似した機能はつくようで、ピカチュウイーブイとフィールド上でハイタッチができるみたいです。

 

 

こちらの発売も楽しみですね。

 

 

またポケモン Xに関しては新たなシステム・メガシンカが登場します。

リザードンが青い炎を纏った姿、めちゃめちゃかっこいいです!(そのためにXを選びました!笑)

 

 

メガストーンと対応するポケモンを集めるのも旅の醍醐味でしたね。

 

 

シナリオもとてもよく、私が初めてポケモンで泣いた作品です。

忘れることができない、命の物語でした。

 

 

私が大好きな【ポケモン

 

 

長々と書き連ねてしまいましたが、書いていて思ったことはやはり『ポケモン大好きだな』ということです。

 

 

ポケモンと絆を深め、バトルで腕を競い合い、図鑑を埋めていく。

 

 

単純ですが、奥が深いゲームだと思います。

一緒に成長してきたことを差し引いても、この魅力があるからこそ世代を超えて愛される作品だと感じます。

 

 

いつか自分が親になる時も、ポケモンがまだ愛されている時代だといいなと思うごんちゃんでした。

 

 

11月に発売されるポケモンも楽しみにしています!

みなさんもぜひ遊んでみてくださいね! 

 

ポケットモンスター X - 3DS

ポケットモンスター X - 3DS

 
ポケットモンスター ウルトラサン - 3DS

ポケットモンスター ウルトラサン - 3DS

 
ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ- Switch

ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ- Switch

 

 

 

それでは今日はこの辺で!

ごんちゃんでした。